070ca659

1: 雨宮◆3.yw7TdDMs 2014/05/27(火)12:02:15 ID:3LimmAwhq
差別のない社会づくりを目指す「人権社会確立第34回全九州研究集会」が26日、
福岡市の福岡国際センターで始まった。安倍政権が進める集団的自衛権の行使容認に向けた
憲法解釈の変更に対する懸念や、在日韓国・朝鮮人へのヘイトスピーチ(憎悪表現)など
国内に広がる外国人排斥の感情をどう解消していくか問題提起された。

 記念講演したノーベル賞作家大江健三郎さんは、集団的自衛権の行使容認について
「戦後の新しい民主主義体制下で作り上げてきた平和主義の原則を捨て去ること」と強調。
国民的議論がないまま解釈変更が行われようとする現状を
「次の100年の平和を壊すかどうかの分岐点に来ている」と指摘した。

 基調提案では部落解放同盟の吉岡正博・九州地方協議会事務局長が、
在日韓国・朝鮮人に対するヘイトスピーチについて「表現の自由を盾に必要な立法措置がなされていない」と提起した。

http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10101/67701

← ヘイトスピーチ集団が何を言ってるんだ!!!と思ったらクリック

http://awabi.open2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1401159735/:

e813f3531c5ba7d03add427881cf58ea[1]

【速報】上海株「今日も暴落-5%達成!wwwwwwwwwwwwww」