朝日新聞 売国

1: ばぐたZφ◆FdDsU0B5ivx5 2014/04/30(水)17:50:29 ID:qKmKCueF3
★慰安婦問題解決に「第三の声」を 韓国でシンポジウム
ソウル=貝瀬秋彦
2014年4月30日08時16分

 旧日本軍の慰安婦をめぐる問題について、より幅広い意見を集めて解決策を探ろうと、韓国の有識者らが29日、
ソウルでシンポジウム「慰安婦問題、第三の声」を開いた。日韓両政府や元慰安婦、支援団体、有識者らで協議体を
つくり、解決に向けた実質的な議論を始めることなどを提言した。

 朴裕河(パクユハ)・世宗大教授らでつくる「東アジアの未来を考える会」が主催した。慰安婦をめぐる問題で
日韓双方の溝が埋まらず、両国関係に深刻な影響を及ぼしていることを憂慮。これまで埋もれてきた多様な意見を
集め、解決に向けた転換点を見いだしていくのが狙いだという。

 シンポでは、パネリストの和田春樹・東大名誉教授が自らかかわった「アジア女性基金」の経緯などを説明。
韓国の元慰安婦の多くから「償い金」の受け取りを拒否された限界を認めつつ、元慰安婦が高齢化する中で
「原則をひとまず離れて、何が解決策でありうるかを考えてみるべき時だと思う」と呼びかけた。

 朴氏は「慰安婦問題は複雑で、解決には主流の意見だけでなく、多様な声が必要だ」と話し、今後も議論を
重ねていくとした。(ソウル=貝瀬秋彦)

ソース
朝日新聞
http://www.asahi.com/articles/ASG4Y6393G4YUHBI01X.html

← 今すぐ廃刊しろ!と思ったらクリック

http://ai.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1398847829/:

e813f3531c5ba7d03add427881cf58ea[1]

【速報】上海株「今日も暴落-5%達成!wwwwwwwwwwwwww」