1: 羽生みるく◆KpsUNqJ.VM 2014/04/30(水)11:11:49 ID:???
■ 「韓・日愛憎の現場を尋ねて/1部=葛藤と衝突」 <下> 日本の根深い韓国人蔑視
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
(写真)
no title

▲ ① 先月16日、在特会が主導した嫌韓デモが東京・池袋駅の近くで行われた。あるデモ参加者が
「異常な民族主義、終わらない反日運動、世界屈指の反日国家、それが韓国」と書かれたプラカードを
持って行進している。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
在日韓国人2世で永住権を持っているキム・スチョルさん(仮名=45歳)は昨年末、東京都内で事業用の
事務所を探して契約する事にした。ところが最後の手続きで契約書に印鑑を押す直前、「契約不可」の
通報を受けた。事務所のオーナーがキムさんの韓国名を初めて確認して、頭を横に振ったのだ。キム
さんは、「よくある差別だ。 父親から韓国人という事の厳しい教育受けたので、私は帰化せず韓国名を
そのまま使った」とし、あまり気には止めなかった。しかし彼は、「私の子どもたちには日本に帰化させて、
日本の名前を使わせるつもりだ。そうすれば差別をある程度防げるだろうか」と打ち明けた。

6月22日に韓日国交正常化49周年を迎えるが、在日同胞や韓国出身の企業家は相変らず差別と蔑視
に苦しんでいる。日本人の潜在意識の中に隠れている『チョーセンジン(韓国人を見下して呼ぶ言葉)』
という亡霊はなかなか消えずにいる。

(韓国人に対する日本の差別)※翻訳して差し替えしています
no title


■ 在日同胞差別 200余個
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
在日本大韓民国民団が1977年に差別白書を作り、差別数を確認した事がある。公営住宅入住、金融
取り引き、就職などの分野で早急に解決しなければならない差別が200以上あった。

企業家たちは特に、日本の銀行で借金ができなくて苦労した。現金の回収が早い事業に進出する
しかなかった。 一部の在日同胞たちがスロットマシーン(別名=パチンコ)の事業に着手したのも同じ
理由だった。

日本が1952年に取り入れた指紋捺印制度は、外国人を潜在的犯罪者に見た。当時の外国人の
ほとんどは、徴用で連れて行かれて帰れなかった韓国人だった。外国人登録証を更新する度に指紋
を取らなければならなかった在日同胞たちは、屈辱感と差別感に歯ぎしりした。指紋捺印制度は韓人
たちの粘り強い撤廃運動あげく 、1999年8月に完全に消滅した。沖繩出身の作家・仲村清司さん
(56歳)は、「幼いころ、大阪で“朝鮮人と沖繩出身者は出入り禁止”という警告文を貼った店を数え
きれなく見た」と話した。

ソース:NAVER/東亜日報(韓国語)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=104&oid=020&aid=0002568870


← 帰れば解決!と思ったらクリック

http://awabi.open2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1398823909/:

e813f3531c5ba7d03add427881cf58ea[1]

【速報】上海株「今日も暴落-5%達成!wwwwwwwwwwwwww」