no title
1: 白井黒子◆KuRokoMU3c 2014/04/28(月)18:32:19 ID:???
[セウォル号惨事]遺留品保管所の救命ボート・ライフジャケット見ると…
「製造年月日1994年5月」…20年前の船舶建造時に備えつけたよう


特別取材チーム=去る16日に沈没した旅客船セウォル号の救命ボートとライフジャケットが何と20年前に製作された古い製品だと確認された。

28日珍島パンモク港近隣遺留品保管所に引き渡されたセウォル号の救命ボートとライフジャケットを確認した結果、製造年月が1994年5月で表記されていて日本製品だった。

1994年はセウォル号が日本で建造された時点で当時備えつけておいた救命ボートとライフジャケットを今まで使ってきたのではないかと推測される。

海上事故で搭乗客の生命を助けることができる重要な救助装備の中の一つである救命ボートは水に沈んでも一定の水圧になれば水圧分離器が作動して自動で広がるようにされている。

しかしセウォル号の救命ボートは船が沈没したのに膨らまなかった。

沈没事故13日後の28日深夜に事故海域に救命ボート4個が浮び上がった。

事故当日救助に出た海上警察が2個を海の上に落としたが1個だけ広がった。

ライフジャケットもやはり作られて20年も過ぎた製品で長い間の時間が過ぎたのに自らの機能を維持しているのか、万一、乗客がこれを着用したとしても水面上にきちんと浮び上がったかも疑問だ。ライフジャケットの浮力材が腐食されたり損傷していた場合、まともに浮び上がることができないためだ。

しかしこのような救命器具に対して韓国船級は去る2月の安全点検で全部正常だと通過させた。

検警合同捜査本部は船が沈没した状況でも救命ボートが広がらなかった理由とライフジャケットが本来の機能ができる状態だったのかなどに対して調査する計画だ。

一方パンモク港遺留品保管所に保管されている救命ボートとライフジャケットは去る25日に海上警察が珍道郡(ジンドグン)庁に引き渡したのだ。救命ボート5個とライフジャケット17個だ。

韓国日報(韓国語)
http://news.hankooki.com/lpage/society/201404/h2014042811250721950.htm

← 日本は関係ない!と思ったらクリック

http://awabi.open2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1398677539/:

e813f3531c5ba7d03add427881cf58ea[1]

【速報】上海株「今日も暴落-5%達成!wwwwwwwwwwwwww」