no title

1: 雨宮◆3.yw7TdDMs 2014/04/17(木)19:19:17 ID:HTMgBlHgv
北京時間の16日午前、全羅南道珍島郡屏風島の北20キロの海上で
韓国の旅客船「セウォル」で浸水事故が発生し、2時間20分後に沈没した。
(中略)
事故発生後、一部メディアでは同船が日本メーカーが製造したものだと報道した。
これに対して記者が日本のメーカーに電話で確認した。人民網が伝えた。

 「セウォル」は日本のマルエーフェリー株式会社
(英語「A-Line Ferry Co.,Ltd.」、元の名称:大島運輸株式会社。
本社は日本・鹿児島県)が製造に参加し、
1994年6月に完成した総重量6586トン、積載量3981トン、乗客定員804人の貨物運輸・旅客船だ。

同船は就航後18年の2012年10月に引退し、後に韓国の清海鎮海運会社に売却され、
5階・921人が搭乗可能な旅客船に改造された後2013年から使用されており、
韓国・仁川と済州をつなぐ航路で就航している。

 日本のA-Line Ferry社の広報部担当者は取材に応じて、韓国の清海鎮海運に
「セウォル」を引き渡す前に同船に対して厳しい品質検査を行ったと語る。

今回の事故の原因が船体の改造と関係があるのかどうかについて
A-Line Ferry社は、船の売却後の用途や改造、メンテナンスは同社とは全く関係がないため、
回答することはできず、また同社は今回の事故の原因調査にも参加しないと語った。(編集YH)

http://j.people.com.cn/94475/8601882.html

← 改造時に保険は切れてます!と思ったらクリック

http://awabi.open2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1397729957/:

e813f3531c5ba7d03add427881cf58ea[1]

【速報】上海株「今日も暴落-5%達成!wwwwwwwwwwwwww」