1: ニライカナイφ ★ 2014/02/04 16:05:03
◆【画像集】日本中の書店が「愛国・反アジア本」だらけになっているとネットで話題

全国の書店で、「日本がいかに優れているか」をテーマにする書籍と
韓国や中国を憎悪する本がブームになっている。

こうした書籍は、新着本や話題の本を紹介するコーナーを制圧したほか、
特設コーナーまで設置する事態となっている。
ツイッターでは右派・左派それぞれで話題が広がっている。

【画像集】まるで戦時中?東京の街がどこも日本国旗だらけだとネットで話題!
新宿ルミネには「旭日旗」も元日から東京の街中が「日の丸」だらけだネットで話題だ。
人気ファッションビル「ルミネ」の広告には旭日旗をあしらった広告も出現。
保守系ネットユーザは肯定的な反応をしめしている一方、左翼系のユーザからは
「薄気味悪い景色」と激しく非難。三が日をすぎても各地の国旗掲揚は続いているようだ。


軒先の新刊・売れ筋本コーナーは愛国書籍で一色に!
お店に入って最初に目につく新刊本などを紹介するコーナー。
ここで最近台頭しているのが愛国本だ。
内容は、自国の優れたエピソードを紹介するものや、
日本人がいかに外国に比べ優れた民族性があるかをテーマにしたものなど。
若い世代による右派系の政治運動を解説したものもある。
ネトウヨ 本


特設コーナーは中国・韓国排斥特集がトレンドに!
no title

また、書店内の特設コーナーでは日本を愛する内容の本や、
中国・韓国などにナメられないための本などを集めたフェアの開催も盛んになっている。
(紀伊國屋新宿本店)

タイトルに「愛国」をつけるのがブーム!?

そして、最近何かと多いのが「愛国」をタイトルにつけた書籍。
扱うテーマは、必ずしも保守思想系の読み物に限らず、リベラル論者による本も少なくない。
要はベストセラー本が出ると似たような書籍が相次いで出版されるのと同じで、
売れやすいキャッチーなフレーズとして定着しているのだ。
画像のようにかわいらしい手書きPOPに愛国といういかつい言葉が躍るようなことも・・・。

NAVER 2014年02月04日
http://matome.naver.jp/odai/2139109440887058401

e813f3531c5ba7d03add427881cf58ea[1]

【速報】上海株「今日も暴落-5%達成!wwwwwwwwwwwwww」