靖国参拝 安倍首相

1: そーきそばΦ ★ 2014/01/06 15:52:25
FNNがこの週末に行った世論調査で、安倍内閣の支持率は、50%台を回復した。
一方で、2013年12月の安倍首相の靖国神社参拝を「評価しない」人が半数を超え、「評価する」を上回った。
安倍内閣の支持率は、2013年12月より4.7ポイント上がり、52.1%と、2カ月ぶりに過半数を回復した。
「支持しない」は、6.2ポイント減り、32.5%だった。
安倍首相が12月、靖国神社を参拝したことについて、「評価する」は3割台後半にとどまり、「評価しない」が半数を超えた。
「評価する」理由としては、「戦争犠牲者に哀悼の意を示した」が最も多く、「外国に毅然(きぜん)とした態度を示した」が続いた。
参拝を「評価しない」理由は、「外交的配慮に欠ける」が最も多く、「A級戦犯も祭られている」、「現職首相は参拝すべきでない」が続いた。
首相の参拝を非難する中国と韓国の姿勢については、7割近い人が、「納得できない」と答えた。
また、「失望した」との表現を使ったアメリカ政府の声明についても、「納得できない」が6割近くにのぼっている。
これまで以上に、世界の平和と安定に貢献する安倍内閣の「積極的平和主義」については、「支持する」が8割に達し、
「支持しない」を大きく上回った。
安倍首相にいつまで首相を続けてほしいかを尋ねたところ、「できるだけ長く続けてほしい」が3割台、
「次の総選挙まで続けてほしい」が4割近くと、長期政権を望む声が比較的多く、
「あと1年程度は続けてほしい」と「できるだけ早く辞めてほしい」は、それぞれ1割台だった。
沖縄県の在日アメリカ軍普天間基地を、名護市辺野古に移設する政府の方針をめぐり、仲井真知事が、
政府の埋め立て申請を承認したことについては、「評価する」が半数を超え、「評価しない」を上回った。
政党別の支持率は、自民党が若干回復し、4割近くを占めている。

ソース フジテレビ(01/06 12:49)
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00260735.html

e813f3531c5ba7d03add427881cf58ea[1]

【速報】上海株「今日も暴落-5%達成!wwwwwwwwwwwwww」