1000年恨む

1: アルゼンチンバックブリーカー(福岡県) 2014/01/01 20:24:36 ID:eq7lzV4b0
【ソウル時事】韓国外務省は1日、中韓外相の12月31日の電話会談について発表文を出したが、
安倍晋三首相の靖国神社参拝に関する言及はなかった。
中国外務省は参拝問題で両国が厳しい立場を示したと発表しており、中韓の温度差が浮き彫りとなった。
 中国の発表は、王毅外相が会談で「中韓は安倍首相の行為を厳しく非難した。われわれの反応は正当だ」と発言し、
尹炳世韓国外相が「参拝に反対する韓国政府の厳しい立場」を表明したとの内容だった。
 これに対し、韓国の発表文は「最近の北東アジア情勢など関心事を協議した」と述べるにとどまり、
関連部分の具体的内容を明らかにしなかった。
 韓国の聯合ニュースは「日本との歴史問題をめぐり、王外相が韓国側に連携を呼び掛けたとの観測があるが、
韓国政府は『国ごとに対応する問題』との立場だ」と解説。その上で
「韓国政府は日本と協力する分野もあり、韓米日の協力の必要性もある」とし、
「歴史問題で中国と全面的に連携するのは望ましくないというのが政府内外の雰囲気だ」と伝えた http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140101-00000049-jij-kr 。 

e813f3531c5ba7d03add427881cf58ea[1]

【速報】上海株「今日も暴落-5%達成!wwwwwwwwwwwwww」