自殺

1: エメラルドフロウジョン(埼玉県) 2013/12/21 07:08:23 ID:OIDy+N3C0
中国メディア・捜狐旅游は19日、自殺大国・韓国について取り上げた。
今年上半期、韓国ソウルの漢江で橋の上から飛び降りて自殺した人の数は102人に上った。
2009年は210人、10年は193人、11年は196人、12年は148人。
そのうち、麻浦大橋からの飛び降りが最も多く、過去5年間で110人に達し、「自殺大橋」と呼ばれている。
世界保健機関(WHO)の統計によると、2005年、韓国では10万人中平均25人が自殺し、世界で最も多かった。
2位のハンガリーは同23人、3位の日本は同20人だった。

この1年、韓国では約1万2000人が自殺した。平均して1日33人が自殺している計算になる。
韓国のように比較的裕福な国の自殺率がなぜこれほど高いのか、政府関係者は社会学の専門家は困惑を隠せない。
ソウルと釜山では地下鉄への飛び込み自殺が多いことから、巨額の資金を投じて全駅にホームドアを設置する羽目に。
だが、漢江への飛び降りはどうすればよいのか。全流域に巨大なふたをするわけにもいくまい。
韓国では20歳~30歳の死因のトップは自殺である。これは不況による就職難が原因とみられている。
度重なる失業により生活が困窮、これが若者を自殺に追い込んでいる。
30歳~40歳の自殺の原因は安月給により余裕のない生活を強いられ、絶望のあまり借金を重ね、離婚したことが引き金となったケースが多い。
高齢者の自殺も一向に減る気配はない。生活スタイルが変化し、核家族が増え、独り暮らしの高齢者が増えている。孤独な生活が高齢者を自殺に追い込む最大の原因だ。

孤独による寂しさから認知症を発症するケースも多いという。
韓国人の自殺の原因はこのほか、校内暴力、進学の失敗、軍隊での新兵いじめ、病気を苦にしたものが挙げられる。
また、国内では配偶者を見つけられない貧困層が外国人女性と結婚し、生まれた子どもが差別を受け、これを苦に自殺するというケースも少なくない。
韓国人権委員会の調査によると、外国人との間に生まれた子どもの42%が差別や生活苦などから自殺を図ったことがあると答えている。
http://news.livedoor.com/article/detail/8365588/

e813f3531c5ba7d03add427881cf58ea[1]

【速報】上海株「今日も暴落-5%達成!wwwwwwwwwwwwww」