韓国旅行 危険

1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★ 2013/12/03 10:33:29
韓国経済が苦境に陥っている。サムスンはスマートフォン市場でシェアを落としたばかりか、
アップルとの知的財産権をめぐる訴訟では、敗訴し、約940億円の賠償を認定された。
一方自動車産業でも、韓国最大の自動車メーカー・現代自動車は韓国国内で
8割を超える圧倒的シェアを持っていたが、2013年9月にはシェアが68.9%にまで低下。
リコール問題も相次ぎ、2013年の通期決算では減益に落ち込むという。

 また、ピンチなのは製造業だけではない。
一時はアジアを中心に盛り上がった「韓流」ブームもすっかり陰りを見せている。
かつて賑わいを見せていた東京の新大久保でも、韓流ショップが相次いで閉店の憂き目にあっている。
新大久保に住む在日韓国人の女性が語る。

「ここ2年くらいで韓流好きのおばさんたちも一気に減って、随分と静かになってしまいました。
韓国人が経営している店も徐々に減って、今ではピーク時の3分の1くらいになってしまいました。
昔はひとつのお店だった場所に、複数の店舗が入るようになったりと、厳しい話ばかりですね」

 韓国への日本人旅行者も激減し、韓国法務部の統計によると、
今年1~9月に韓国を訪れた日本人観光客は約204万人と、昨年同期の4分の3に。
韓国の一流ホテルの従業員も顔色が冴えない。

「日本人客が来なくなって、本当に困ってます。中国人客は増えたけど、
みんな安いホテルにしか泊まらない。中国人客は買い物でも値切るし、マナーも悪い。
日本人を悪くいう人は多いけれど、私たちは本当に日本人客に戻ってきてほしいです」

こうした事態を受けて、韓国政府は日本人客誘致のための宣伝費として、
旅行業者に計10億ウォン(約9200万円)の緊急支援を行なうことを決定したが、
日本人の気持ちをとり戻すのは難しいだろう。※週刊ポスト2013年12月13日号

http://www.news-postseven.com/archives/20131203_229607.html

e813f3531c5ba7d03add427881cf58ea[1]

【速報】上海株「今日も暴落-5%達成!wwwwwwwwwwwwww」