マッコリ CM

1: 影のたけし軍団ρ ★ 2013/11/04 14:05:06
韓国農林水産食品省と農水産食品流通公社は31日、東京都内で、
日本への輸出が大幅に減少している伝統酒「マッコリ」の販売促進イベントを開く。

輸出業者7社が参加し、今年収穫した新米で作ったマッコリ約20種を提供。マッコリと合う日本料理の紹介や試飲会も行う。
マッコリの輸出では、日本が最大の市場。しかし、報道によると、2013年上半期の対日輸出額は約780万ドル(約7億6000万円)で、
前年同期比65.1%減。日本でマッコリが最も人気を集めた11年上半期の約2830万ドルと比べると、3分の1以下となった。

理由としては、12年8月の李明博前大統領による島根県・竹島上陸以来の日韓関係悪化で、韓流ブームに陰りが見え、
韓国食品を敬遠する心理が生じていることが大きい。

さらに、日本の若い女性の間でノンアルコール、低アルコール飲料が好まれるようになったことも背景にあるようだ。 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131029-00000124-jij-kr

10月31日は「マッコリの日」だ。しかし、韓国のマッコリメーカーは憂鬱になっている。

韓流ブームに乗って、マッコリの海外消費は近年大幅に増加。日本はマッコリの海外輸出額の90%を占めていた。
だが、日韓関係の悪化から、日本市場でのマッコリの需要が激減し、輸出額全体に影響を及ぼす結果となった。

同時に韓国国内での消費も2011年をピークに減少しており、マッコリは今「冬の時代」の真っただ中にいる。

韓国の農林畜産食品部によると、韓流人気でマッコリ輸出額は2011年に2008年の12倍にまで上昇。
しかし昨年は日韓関係の影響で30%の大幅減となった。

韓国・啓明大学のチョン・ヨンジン教授は、「円安や日韓対立の影響もあるが、日本の消費者がマッコリに飽きてしまったのが主な原因。
マッコリメーカーは現状を憂慮するより、新製品の開発に力を入れるべきだ」と話している。
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=78618

e813f3531c5ba7d03add427881cf58ea[1]

【速報】上海株「今日も暴落-5%達成!wwwwwwwwwwwwww」