韓流ブーム ない

1: 動物園φ ★ 2013/11/03 12:49:32
2013年11月02日10時35分

 韓流ドラマやK-POPなど、日本で巻き起こった韓流ブームは一時の勢いも
下火になりつつあるようだ。しかし、中国で今もK-POPを中心とした韓流
コンテンツは高い人気を誇る。

 中国では以前、J-POPが流行した時期もあったが、今はすっかり韓流
コンテンツに地位を奪われてしまった。中国の大手検索サイト百度の
掲示板でこのほど、K-POPを中心とした韓国の音楽と日本の音楽に
ついて比較するスレッドが立てられ、中国人ネットユーザーが議論を交わした。

 スレ主はK-POPのほうが中国では人気があると主張しているものの、
ネットユーザーからは「久石譲1人で韓国に圧勝できる。これこそが真の
音楽」、「日本の音楽は旋律やリズムがすばらしいのは確か。この点は
認めるべき」など、日本の音楽のほうが優れているという反論が多く
寄せられた。

 「寿司(すし)が好きな人もいれば、キムチが好きな人もいる」と
いうコメントのとおり、音楽は個人の好みの問題ではあるが、「個人的
には日本のアニメソングが最高」、「日本の楽曲のほうが俺の感覚に
マッチする」など、全体的には日本の音楽のほうが良いというコメントは
多かった。

 しかし、「どっちもどっちだ。英語圏の音楽と比べると中身がない」
など、日韓どちらも音楽面では西洋に劣るとの主張も少なくなかった。
確かに中国のネット上ではアイドル全盛のJ-POPに対して苦言を呈する
意見も多い。(編集担当:畠山栄)

http://news.livedoor.com/article/detail/8216156/

e813f3531c5ba7d03add427881cf58ea[1]

【速報】上海株「今日も暴落-5%達成!wwwwwwwwwwwwww」