韓国 空母

1: キャプテンシステムρφ ★ 2013/10/27 15:24:37
韓国は中国や日本の急速な軍拡に対抗すべく、
2036年までに2隻の軽空母を配備する計画があるとの報道がありました。

海軍関係者は「あくまで希望であるが」と前置きした上で、
「近隣諸国との海上紛争に対処するため、できるだけ早く空母を確保する必要があり、
 そのために今後20年にわたり、空母開発を行っていく予定だ。」

3段階に分かれた開発計画が想定されています。

■まず一段階目として垂直離着陸機(VTOL機)の発着できるヘリ空母を建造すること。
独島級にスキージャンプの設置や、
VTOL機のエンジン排気に耐えれるような甲板の耐熱コーティングが必要とされます。

■第二に2019年までに強襲揚陸艦を建造すること。
スペインのフアン・カルロス級揚陸艦と同等の船となるでしょう。

■最後に2028~2036年に2つの30,000トン級の空母を建造すること。
30機ほどの艦載機が搭載可能で、イタリアのカブール級空母と同等の仕様を想定しています。

報告書はこの3つのプランについて記述されています。

「韓国は北朝鮮を抑止し、日本や中国のような近隣諸国の脅威に対抗する装備を必要とします。」

中国は将来的に3隻の空母の建造を予定しており、
日本は空母に似た20,000級のヘリコプター駆逐艦を配備しています。

http://www.defensenews.com/article/20131026/DEFREG03/310260005/S-Korea-Envisions-Light-Aircraft-Carrier

e813f3531c5ba7d03add427881cf58ea[1]

【速報】上海株「今日も暴落-5%達成!wwwwwwwwwwwwww」