1: チェーン攻撃(チベット自治区) 2013/10/11 06:55:41 ID:VOenvXRmP
米国で最初に日本軍慰安婦の悲劇を呼び覚ます"平和の少女像"が建てられた
カリフォルニア州グレンデールの市長が日本のさくらTVとのインタビューで、
「少女像を立ててはならなかった」"と述べた。
no title

10日(現地時間)グレンデールの新聞グレンデールのニュースプレスによると、
グレンデールのデイブ・ウィーバー市長は去る7日放送された日本のCHさくらTVの
"さくらプロジェクト"の番組インタビューで、「我々は、ハチの巣を開いた」
と言いながら「少女像を立ててはならなかった」と述べた。

極右性向のさくらTVのレポーターはグレンデールの市長室でウィーバー市長に
会ってインタビューした。
このインタビューで、ウィーバーの市場は、
「グレンデール市は国際問題に巻き込まれる理由がないので私は反対した」としながら
「今、私たちグレンデール市は、日本で最も嫌われる場所になったのには本当に後悔なこと」
と話した。
彼はまた、「慰安婦少女像を見たこともないし、除幕式にも出席しなかった」と付け加えた。
特に彼は「グレンデールには、韓国人が1万2000人も住んでいるが、日本人は非常に少ない」
としながら「誰より影響力が大きいことか」と少女像の建設が韓国系住民の圧力によるもの
だということを強調した。
グレンデール市は、市議会が日本軍慰安婦の悲劇を糾弾する決議案を採択したのに続き、
7月30日市立中央図書館の前の市立公園に"平和の少女像"(慰安婦少女像)を立てた。
ウィーバー市長は、少女像の建設を決定する議員5人のうち、ただ一人反対した。
グレンデールの市長は、議員たちが持ち回りで務めることになっている。
http://www.asiae.co.kr/news/view.htm?idxno=2013101105295804137


http://www.youtube.com/watch?v=6d_iiRnsRZs



関連
米ブエナパークの市長も「慰安婦碑建立理解できない」さくらTVインタビュー
教育のためと韓国人は言うけれど意図が別にあるのは明白
http://article.joins.com/news/article/article.asp?total_id=12824786

e813f3531c5ba7d03add427881cf58ea[1]

【速報】上海株「今日も暴落-5%達成!wwwwwwwwwwwwww」