ナヌムの家













1: 影のたけし軍団ρ ★ 2013/09/04(水) 14:45:30.66 ID:???0
日本の右翼が一日も早く死んでほしいと待っている人々がいる。旧日本軍の従軍慰安婦だった女性たちだ。

日本が組織的かつ暴力的な慰安婦動員の証拠を出さない中、この女性たちは日本による過去の蛮行を詳細に明らかにした証言者だ。
この女性たちが世を去ったら「生きた証拠」は消える。

先月13日午後、元従軍慰安婦の女性たちが暮らしている「ナヌムの家」(京畿道広州市退村洞)では、元慰安婦イ・ヨンジョさんの告別式が開かれた。
長い間共に過ごしてきたパク・オクソンさんが、イさんの遺影をなでた。女性たちは「こうして1人ずついなくなっていき、胸がはり裂けそうだ」と語った。

1945年に日本の植民地支配から解放されたものの、依然として元慰安婦の女性たちは苦痛の中で生活している。
解放から63年という長い歳月が過ぎ、約10万人(推定)いたとされる元慰安婦の数は、今や57人に減った。

生存者のほとんどは80代から90代で、先は長くない。63回目の光復節(日本の植民地支配からの解放記念日。8月15日)を2日後に控えた8月13日
「ナヌムの家」を訪れ、元慰安婦の 「最後の願い」を聞いた。ここでは、約10人の元慰安婦が暮らしている。

〈質問の順番〉

(1)年齢(出生年)/故郷、(2)慰安婦として連れていかれたときの状況、(3)解放後の暮らし、
(4)韓国に戻った時期とその後の暮らし、(5)願い
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/09/04/2013090401597.html
>>2

e813f3531c5ba7d03add427881cf58ea[1]

【速報】上海株「今日も暴落-5%達成!wwwwwwwwwwwwww」