no title

















1: Ψ 2013/08/27(火) 13:19:29.56 ID:sXyrZvFF0
菅官房長官は、閣議のあとの記者会見で、歴史認識を巡る日本側の姿勢に問題が
あるという考えを示した国連のパン・ギムン事務総長の発言について、
「わが国の立場を認識したうえでのものかどうか非常に疑問に感じている」
と述べ、発言の真意を確認する考えを示しました。

国連のパン・ギムン事務総長は、ソウルでの記者会見で、日本と韓国や中国が
歴史認識を巡って対立していることに関連して「日本の政治指導者らは深く
みずからを省みる必要がある」と述べ、中立の立場を取らずに韓国などの側に
立つ異例の発言をしました。
これについて、菅官房長官は、閣議のあとの記者会見で「安倍内閣の立場は
『地域の平和と安定のために首脳どうしが意見交換をすることが必要だ』
というもので、安倍総理大臣は懸案があるなかでも対話を行っていくべきだと
呼びかけている。今回の発言は、そうしたわが国の立場を認識したうえでの
ものかどうか、非常に疑問を感じている」と不快感を示しました。
 そして、菅官房長官は「事務総長の真意を確認したうえで、引き続き日本の
立場を国連などで説明していきたい」と述べ、日本の国連代表部を通じて、
発言の真意を確認するとともに、来月開かれる国連総会などで、日本政府の
立場を説明する考えを示しました。NHK
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130827/t10014063531000.html

e813f3531c5ba7d03add427881cf58ea[1]

【速報】上海株「今日も暴落-5%達成!wwwwwwwwwwwwww」