1: 蚯蚓φ ★ 2013/08/18(日) 16:11:54.31 ID:???
no title

▲パン・ギムンとの対話、トム・プレート著|イ・ウンジン訳|アレイチコリア|308ページ|1万8000ウォン
no title

▲パン・ギムン国連事務総長

2010年ハイチ大地震直後、パン・ギムン国連事務総長が李明博(イ・ミョンバク)大統領に電話を
かけて救援基金をお願いした。イ大統領は「100万ドル出す」と言った。通話が終わる直前、パン
総長がさっとつぶやいた。「日本は500万ドル出すことにしました。」イ大統領はびっくりし、二番目
通話で追加で400万ドルをさらに約束した。

パン総長は日本総理に電話をかけた。「イ・ミョンバク大統領がたった今、ハイチ救援基金に500
万ドル出しました。」それからまたソウルに電話した。「日本が救援基金を1000万ドルに上げたが、
どうされますか?」

「一級外交官パン・ギムン」の老練さがあらわれた大きなエピソードだ。この本はパン総長が米LA
タイムズ論説室長出身のトム・プレートと行った対談を整理したものだ。2010~2012年の7回の対
談と6回の夫婦同伴の出会いを書いた。パン総長は「私に関する本が15冊程度出たが、本を前
提としたインタビューは今回が初めて」といった。

彼は自分の経歴の中で最も暗鬱だった時期の話も打ち明けた。2001年、金大中(キム・デジュン,
DJ)大統領とジョージWブッシュ大統領の首脳会談。当時、パン・ギムン外交部次官は'ゆっくり進
行してください'と止めたが、DJは意向をまげなかった。「韓国に帰って問題になりましたよ。(ブッシ
ュ大統領は)とても無礼でした。そのために金大統領のイメージが大きく傷つきました。総体的にミ
レば外交失敗でした。」「金大統領は非常に不愉快に思ったし、それで私を解任することにした」と
淡々と話す。

謙そんと率先垂範がモットーの彼のリーダーシップは'カリスマ'とはほど遠い。このため就任の始
めから西欧の報道機関は彼を'無視'し、2011年再選成功の時も米国新聞の大部分は一行も書か
なかった。パン総長は「本当に衝撃だった。ニュースの種にもならないのか」と内心を見せる。

対談の末、パン総長が言った。「(クリントン政権とオバマ政権で仕事をした)ラリー・サマーズが二
人の大統領を比較したことがあります。'クリントンが10時のホワイトハウス会議に適時に出席した
比率は30%、オバマは90%でした。クリントンが会議主題に関する文献を読んだ可能性はとても低
く、オバマの場合は70%です。'私は会議を主宰する前にすべての資料を100%読みます。時間を守
る比率は97%。私は常に規律にとらわれています。」

二人の相反する話法も観戦ポイント。インタビュアーは「この職業であなたはおかしくならなかった
か」「米国人なら多分離婚されただろう」と聞かれると、著者は敏感な質問を避けるという意味でパ
ン総長に'油ウナギ'というニックネームがついたと説明する。著者のエピローグはこうだ。「私たち
には国連のてっぺんで一週間に7日、一日24時間熱心に仕事をする誠実な働き手がいる。少し
は慰めになるでしょう?」それから付け加える。「私たちはカリスマをとても過大評価する傾向があ
る。カリスマなくてもパン・ギムンは十分に良い人だ。」

ホ・ユンヒ記者

ソース:朝鮮日報(韓国語) "総体的失敗であったDJ・ブッシュ首脳会談…おかげで解任されましたよ"
http://books.chosun.com/site/data/html_dir/2013/08/17/2013081700256.html?life

関連スレ:【中東】国連・潘基文事務総長、ユダヤ人入植に「心を痛めてる」[]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1376720707/

e813f3531c5ba7d03add427881cf58ea[1]

【速報】上海株「今日も暴落-5%達成!wwwwwwwwwwwwww」