no title










1: れいおφ ★ 2013/08/14 20:17:52
今月15日で、日本は68年目の終戦記念日を迎える。原爆が広島に投下された6日、同じく長崎に落とされた9日と、
8月は日本人があらためて先の太平洋戦争を振り返る時期となっているが、そんな中、あのビッグアイドルが戦争について語った。
そう、先日、日産スタジアムでのライブを成功させたばかりの、ももいろクローバーZである。(以下抜粋。全文は下記URL)

ももクロが“戦争認識”を披露しているのは、社会学者・古市憲寿の新刊『誰も戦争を教えてくれなかった』に
収録された巻末対談。古市はももクロと仕事で一緒になった際に「彼女たちが憲法改正に興味を持っていて、
それに対して『戦争は絶対にしたくない』と心配そうに言っていたこと」が印象的で、今回の対談をオファーしたという。
ももクロが憲法や戦争に関心があったというのは驚きだが、この対談を読んでみると、彼女たちは
予想以上に本質的な論議に踏み込み、それこそネトウヨが激怒しそうな戦争否定発言を連発しているのだ。(中略)

「いくら被害がちっちゃくなるとはいえ、誰かは死んだり、自然が破壊されちゃうんでしょ」(高城)
「だけど昔みたいなのもちょっと。徴兵制みたいな紙が家に来ても困るよね。自分の命も大切に思ったほうがいいと思う」(玉井)
「パパにも戦いに行って欲しくないと思っちゃう」「戦争するメリットが、あんまりピンとこない。デメリットばっかり出てきちゃう」(佐々木)

太平洋戦争についても、高城が「日本が強くて、島をどんどん拡げようとしてたから、アメリカがそんな自分勝手なことするなって言って、
戦争勃発みたいな感じじゃなかったっけ?」と意外と外していない分析をしたかと思えば、
百田と玉井は当時の日本の支配地域を示した地図を見て、「まじで!? これ全部?」(百田)、「そりゃ、もっともっとってなるね」(玉井)と、
拡張が止まらない帝国主義の宿命を突くような発言をする。 (>>2あたりに続く)

サイゾー(文=エンジョウトオル) 2013/08/14 13:00
http://woman.infoseek.co.jp/news/entertainment/cyzo_20130814_452821

e813f3531c5ba7d03add427881cf58ea[1]

【速報】上海株「今日も暴落-5%達成!wwwwwwwwwwwwww」