1: 蚯蚓φ ★ 2013/08/11(日) 19:30:53.14 ID:???
no title

▲『スタイルシティ・ソウル』には、ちょっとした過ちが目立った。

 「韓国は西暦918年に高麗が統一した」(ロンリープラネット・ソウル)
 「韓国人女性がよく整形する理由は、米国人に憧れているためだ」(スタイルシティ・ソウル)

 2013年8月、韓国を初めて訪問した外国人旅行客たちが韓国の「旅行ガイドブック」で目にする
内容だ。外国人観光客1000万人時代を迎えた今、海外からの旅行客たちが数多く利用する英語
版ガイドブックでは、韓国は一体どのように紹介されているのだろうか。朝鮮日報出版チームが「旅
行客のバイブル」とされる『ロンリープラネット』の「ソウル」と「韓国」編、英国の出版社「テームズ・ア
ンド・ハドソン」が発行する『スタイルシティ』のソウル編を通読してみたところ▲さまざまな過ち▲荒
唐な説明▲韓国に対する否定的な見解-が目立った。
 2010年に発行された『スタイルシティ』のソウル編は、当時ソウル市が8万5000ポンド(約1280
万円)の予算を出版会社に支援し、アジアで初めて製作された旅行関連書籍だ。しかしソウル市は、
予算を編成し制作を支援したものの、内容の検証や管理が不十分との批判を避けることができなく
なった。
(中略:>>2-5のあたり)

■韓国に対する否定的な視線
 また、韓国社会の恥ずかしい姿も赤裸々に表現されている。『ロンリープラネット韓国』は「人種問
題」に触れ「単一民族社会の韓国では移民者はたびたび疑いのまなざしで見られたり、ひどい扱
いを受けたりする。2012年にフィリピン出身のイ・ジャスミン氏が国会議員に当選した際、韓国のネ
ットユーザーの反発が大きかったほか、中国同胞(中国朝鮮族)が水原で犯した殺人事件のため、
中国に対する大衆の怒りが大きく膨らんだ」と説明した。

 「韓国の無秩序な政府」という項目では、国会の様子が具体的に描写されている。「2009年に米
国の外交専門誌『フォーリンポリシー』は、韓国の国会を『世界で最も無秩序な議会』として取り上
げた。韓国の国会討論は、たびたび暴力沙汰に発展する。2008年に米国との自由貿易協定の締
結をめぐり、ハンナラ党(現セヌリ党)が会議室のドアに鍵を掛けて法案を上程すると、野党議員た
ちはハンマーと電気のこぎりを利用してドアをこじ開けた」

 ソウル市の関係者は「2010年に『スタイルシティ・ソウル』が発行された当時、内部で監修した。誤
った情報や一方的な見方については改訂版で訂正を促す」と話している。韓国を紹介する英文パ
ンフレットを手掛けているソウル・セレクションのキム・ヒョングン代表は「われわれが自ら韓国につい
ての情報を英文でさらに発行し、外国人旅行客の資料入手を支援するために国内の図書館に外
国語の資料をたくさん置くべきだ」と指摘した。

ホ・ユニ記者

ソース:朝鮮日報日本語版<でたらめだらけの「韓国旅行ガイド」>
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/08/11/2013081100203.html

e813f3531c5ba7d03add427881cf58ea[1]

【速報】上海株「今日も暴落-5%達成!wwwwwwwwwwwwww」