1: 蚯蚓φ ★ 2013/08/04(日) 20:57:09.84 ID:???
日帝植民統治から光復に至るまで36年間、私たち民族は日帝によって、とても言葉ではつくせな
いほどの抑圧と圧迫を受けた。日帝は彼らの野心を満たすため数多くの若者たちを異郷万里の
戦場の銃弾避けに追いやり、数多くの女性を連れて行ってとても口にできない反倫理的蛮行を犯
した。

だが、私たち民族は決してこれに屈っすることなく祖国光復の一つの志で日帝の悪辣な弾圧に対
抗して独立運動を展開し、祖国光復という貴重な実を得ることができた。

第68周年光復節を控えて私たちが追求しなければならない精神文化的価値の中で崇高な'報勲
精神'の正しい意味を考える。

-崇高な報勲精神を賛えて

崇高な'報勲精神'とは何か?国家と民族のために犠牲・貢献された殉国烈士、愛国志士、国家有
功者とその遺族らが国家と国民から優遇を受け、その方々の貢献と犠牲が崇高な愛国精神の手
本として後代にも恒久的に尊重されるようにすることだ。

光復は時代の変化によりただで得られたのではない。奪われた国権を回復するための数多くの
烈士たちの抗日救国運動の結果だ。苦難の時期に家族と一身の安全を顧みず、険しいイバラの
道を選んでひたすら国権回復のために生きられた烈士たちの愛国魂はそれにより一層高潔で崇
高なことではないだろうか。

国家と民族のための高貴で崇高な犠牲と貢献は、必ず国家が守るという原則と信頼がこの土地
に定着すべきであり、愛国烈士たちの犠牲精神は過去に限定されず、今日も生きて呼吸するよう
にさせることで国民の力量を結集し、これを通じて未来のビジョンを提示することが真の「報勲精
神」だろう。

8月5日は国家報勲処が創設されて52周年になる非常に意味深い日だ。半世紀を越える間、国
家報勲処は国家有功者と報勲家族の栄光の人生が維持・保障されるように補償金支給、教育、
就職、医療、貸付など報勲政策をたてて支援してきた。

-国家報勲処創設52周年の確約

合わせて独立・民主化関連記念追慕行事および愛国教育を通じて民族精気を宣揚し国民の愛国
精神を継承、発展させる崇高な報勲精神育成のための主務部署としてその役割をつくそうと思う。

私たちの地域では来る15日午前10時清州市芸術の殿堂で光復節記念式が開かれ、続いて清州
3・1公園で忠北出身独立活動家の功績を賛えるため建設された抗日独立運動記念塔竣工式が
予定されている。合わせて清州報勲支庁では忠北道内で唯一生存する愛国志士として光復軍で
活躍されたウ・サングン志士様をたずねて感謝の気持ちを伝達する予定だ。

今年の光復節は愛国実践の基本の太極旗を全員に配り、未来の大韓民国の主役である子供た
ちに正しい愛国の道を教育できる3・1公園、ソン・ビョンヒ先生生家など独立運動関連の現場を訪
問してみよう。また、周辺の独立有功者とその遺族たちに本当に心から感謝のごあいさつをしな
がら祖国の大切さを再確認し崇高な報勲精神が根を下ろす一日になれば良いと思う。

/キム・ヨンジュン清州(チョンジュ)報勲支庁長
no title


ソース:清州日報(韓国語) 第68周年光復節を迎えて
http://www.ccdailynews.com/sub_read.html?uid=351511

e813f3531c5ba7d03add427881cf58ea[1]

【速報】上海株「今日も暴落-5%達成!wwwwwwwwwwwwww」