嫌韓デモ













1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優 φ ★ 2013/08/04(日) 12:12:10.99 ID:???
アジアと向き合う:戦後68年のニッポン/3 「嫌韓」に共感した自分、客観視
 ◇「在日」葛藤乗り越え

韓流ショップが並ぶ日曜午後のコリアタウン。6月16日、東京・新大久保で
在日コリアン排斥を訴えるヘイトスピーチデモが始まった。在日3世の李永皓(リヨンホ)さん(25)は、
プラカードを掲げ、過激な言葉を繰り返すデモ隊に抗議した。

あのころは、在日でありながらネット右翼に共感していた。もしかすると、今ごろ向こう側にいたかもしれない。
「朝鮮人をたたき出せ」。そう叫ぶデモ隊の姿が、かつての自分に重なった。

在日2世の父と韓国籍を取得した日本人の母の間に生まれた。父の勤務先は韓国企業。
生後すぐ横浜からソウルへ転居し、小学3年で大阪に引っ越すまで韓国で暮らした。
「日韓は一つの国」。幼い頃はそう思っていた。顧問とそりが合わず、高校のサッカー部を2年でやめてしまった。
「あいつは韓国人だ」。人の目が気になった。陰口を言われている気がした。


e813f3531c5ba7d03add427881cf58ea[1]

【速報】上海株「今日も暴落-5%達成!wwwwwwwwwwwwww」