1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優 φ ★ 2013/07/17(水) 00:47:39.92 ID:???
2013年7月30日に「韓国人慰安婦」の除幕式がアメリカ・グレンデール市で行われる。
すでに韓国人慰安婦像は韓国の日本大使館前に建てられている。
この「慰安婦像」は日韓で大きな問題となっているところだ。

「韓国人慰安婦像」は7月30日にはアメリカに進出。「韓国人慰安婦像」アメリカ1号が生まれることになるわけである。
韓国と日本人左派言論人の生み出した「慰安婦問題」というねつ造は「慰安婦像」という形を伴って世界へ拡散していくようだ。

■日系米人の大反発に、反論できず
2013年7月12日、韓国の有力紙「中央日報」はアメリカの「慰安婦像」設立に対し、日系米人から大きな反発が出ていることを報じた。
日系米人は公聴会において、日系米人からは以下のような反発の声が上がったとのことだ。反発の声ではなく至極真っ当な話である。

「日本の従軍慰安婦は歴史のねつ造」
「グレンデールは韓日外交問題から手を引け」
「慰安婦は売春婦」
「きちんと真実を検証したという書類を提出しなさい。売春婦を記念する都市がどこにあるか」
「売春婦は日本の将校よりも多くのお金を儲けた」
「米国も韓国戦争で韓国の慰安婦を利用した」
(引用:中央日報)


これに対しグレンデール氏の代表者は
「少女像は日本を処罰しようというのではなく、真の平和と和解を成し遂げようという一つの約束」
と弁明したようだ。そもそも「約束」という言葉の概念すらなかった韓国に約束というのも片腹痛いものである。

そして、日系米人が指摘している問題に対しては一切回答していないようだ。
韓国の目的は日本を責めて、被害者として道徳的に日本より上位にいるということ。
日本の立場を悪化させ、韓国の相対的評価を上げることなどが目的だ。平和なんてこれっぽっちも思っていない。

■「慰安婦問題」で韓国と日本の左翼の利害一致
日本の左翼勢力は日本の評価を落とすことなら何でもやる。韓国と完全に利害が一致しているのである。
「慰安婦問題」とは韓国と日本の左翼のコラボ事業である。

「戦争と女性の人権博物館」(慰安婦博物館)の寄付団体には、日本の左翼組織が並んでいるのだ。
教員団体、自治労、JR労組などの名前が確認できる。
no title
e813f3531c5ba7d03add427881cf58ea[1]

【速報】上海株「今日も暴落-5%達成!wwwwwwwwwwwwww」