アシアナ航空 事故













1: 荒波φ ★ 2013/07/08(月) 09:20:10.64 ID:???
アシアナ航空機のサンフランシスコ空港着陸衝突事故と関連し、国土交通部(国土部)は7日、
「該当航空機を43時間しか運航していない操縦士が機長席に座り、操縦桿を握った」と明らかにした。

これを受け、国土部は今回の事故が社内教育訓練過程で発生した可能性もあるとみて現地調査に着手し、波紋が予想される。

7日の国土部とアシアナ航空によると、6日午前11時28分(現地時間)に
米サンフランシスコ空港で事故を起こしたアシアナ航空OZ214便では、事故当時、
イ・ガングク機長(46)が機長席に座っていたことが分かった。

イ機長はアシアナ航空運航インターン出身で、01年運送用操縦士の資格を取得し、
これまで中型航空機A320などを9793時間運航しているが、今回事故が発生した大型航空機B777-200ERの場合、
機種免許の取得後43時間しか運航していない。

航空機は機種ごとに操縦法が異なるため、他の航空機を操縦するためには新しく機種免許を取得する必要がある。 
e813f3531c5ba7d03add427881cf58ea[1]

【速報】上海株「今日も暴落-5%達成!wwwwwwwwwwwwww」